WORKS

実績

秋田県の美しい田園風景を舞台に、思春期の少年少女と大人たちの葛藤と再生を描いた映画「光を追いかけて」公式ガイドブック。

カテゴリー

業種

---

エリア

全国

出版概要

映画「光を追いかけて」Official Guide Book

著者 --
ジャンル 日本映画(本)
判型 A4変形版96ページ
発売 2021/9/14
定価 1650円

思春期の少年少女と大人たちの葛藤と再生を描いた映画「光を追いかけて」(2021年10月1日公開)公式ガイドブック。
劇場および全国書店で発売中。

■■ 映画「光を追いかけて」Official Guide Book内容 ■■

成田洋一監督をはじめ、出演者による本誌独占インタビューを、秋田の綺麗な景色とともに掲載。その他、制作現場のスタッフによる日々の制作日誌や、主題歌を担当する湯木慧のインタビュー、秋田県出身の生駒里奈さんが秋田県の魅力を紹介する観光情報などが満載。

▶『映画「光を追いかけて」OfficialGuideBook』をアマゾンから購入する。

■■ 映画「光を追いかけて」のイントロ&ストーリー ■■

「地球なんて隕石が落ちて無くなってしまえばいいのに」。

主人公、彰のそんなモノローグから幕が上がる『光を追いかけて』。

豊かな田園風景が広がる中で、少子高齢化の波が押し寄せる秋田の架空の町を舞台に、謎の光とミステリーサークル、そして美しい少女と出会い成長していく彰を演じるのは、中川翼。そんな彰にだけ心を開く不登校のヒロイン真希役には、長澤樹。2人のクラスメートには、中島セナらフレッシュな顔が揃う。

中学生たちを支えながらも、それぞれ悩みや葛藤を抱えたおとなたちを、生駒里奈、駿河太郎、小野塚勇人、そして柳葉敏郎が演じる。生駒と柳葉は、秋田出身である。

監督も秋田出身、CMディレクターとして600本もの作品を手掛けた成田洋一。故郷を舞台にした本作を、念願の映画初監督作品として遂に完成させた。2021年秋、青春映画の新たなるマスターピースの誕生である。主題歌「心解く」を湯木慧が担当するのも話題。

▼映画「 光を追いかけて 」公式サイト

▶『映画「光を追いかけて」OfficialGuideBook』をアマゾンから購入する。

▼広島の今を発信するローカルマガジン「FLAG!web」で特集記事があります。こちらもチェックしてね。

関連する実績

準備中です。

Back To Top

↑