WORKS

実績

環境整備と新卒採用で8期連続の増収増益。新卒採用コンセプトを見直し、「日本一働きやすい会社」への取り組みを表現。女性社員も積極採用。

業種

エリア

プロジェクト概要

株式会社テイル

事業内容 お好み焼・鉄板焼「きん太」の経営及びフランチャイズ契約に基づくお好み焼・鉄板焼「きん太」の経営管理指導ならびに業務用食品の製造と販売
設立 1997年3月
資本金 1000万円
売上高 30億円(2020年12月実績)
会社サイト https://taeil.jp/

課題

「居酒屋らしい元気なノリ」を学生へのアピールポイントで打ち出したが、採用は逆にうまくいかなかった。

1988年の創業以来、京都を拠点にお好み焼き・鉄板焼「きん太」を26店舗展開するテイル様。家族で楽しめる郊外型の広い店内が特徴で、いつ来店しても楽しめるよう、新しいメニューやイベントを続々と企画。「日本一のお好み焼き屋」をめざして躍進中で、いまや売上高30億円を突破し、8期連続増収増益中です。

そんなテイル様が力を注いできたのが、強い会社づくりの土台となる経営計画書と環境整備を徹底し、さまざまな仕組みを導入すること。それらの仕組みがすばらしく、全国から多くのさまざまな企業が見学ツアーでくるほどです。

以前から、ザメディアジョンは新卒採用のサポートで関わってきましたが、数年前に1度だけ支援担当から外れ、別の採用支援会社がテイル様の新卒採用支援を担当。その際、「居酒屋の元気なノリ、にぎやかな感じ」を中心に学生にアピールしたがうまくいがず、翌年からもう一度、ザメディアジョンが新卒採用を支援することになりました。

施策

採用コンセプトを「日本一働きやすい職場づくり」へ変更。

ザメディアジョンは「居酒屋の元気なノリのある会社」という採用コンセプトが、テイル様の本来の姿とズレがあると考えました。そこで、学生にアピールするポイントを再設定することをご提案しました。

社長さまや社員様にインタビューを重ね、もともと「日本一働きやすい職場をつくること」が経営上のテーマのひとつに掲げてあるので、テイル様の働きやい職場環境にするための取り組みを、採用ホームページや採用パンフレット、合同説明会などあらゆる場面で紹介していきました。

飲食店というとアルバイト経験がある学生が多く、「飲食店の仕事は楽しい」という好印象をもつ学生もいれば、「飲食店は社員数が少なく、休日が少なくて正社員で働くのは大変だ」というイメージをもつ学生がいるのも事実。

就職先として選ばれにくいという背景があるので、テイル様が「日本一働きやすい職場」をつくるための実際に取り組みをもっと紹介してアピールすることになりました。そのひとつが環境整備です。環境整備により仕事に心を通わせ、仕事のやり方、考え方に気づく力をのばすことや、仕事の見える化や改善に取り組み、仕事を仕組み化していることを学生に伝えていきました。さらに、ITを駆使した顧客獲得戦略で成功していることも紹介しました。

また、当時、女性社員は社内に二人だけ。もっと女性にも入社してほしいという思いがあり、合同企業説明会には採用担当者だけではなく、その女性社員二人にも参加してもらい、女性歓迎の会社であることをアピールしました。

ここ数年、社内で増えてきたのが社員同士の結婚。これは「結婚後も働きやすい会社である証拠」であるため、採用ホームページで「社内結婚座談会」を企画。社内結婚した社員が集まり、結婚後にテイル様で働き続けられている理由や思いについて生の声を紹介し、学生に対して説得力のある説明をすることができました。

 

成果

経営計画書・環境整備、そして定期的な新卒採用で会社を成長させる土台を構築。

女性社員が入るようになり、自然と男子学生の応募も増え、新卒社員が毎年入社してくるようになりました。労働時間や勤務体制が大きく改善され、「日本一の働きやすい会社」に向けた取り組みも大きく進んでいきました。

新卒採用によって社員が増えることで、組織変更のスピード感がアップ。これまでは職種ごとで採用し、商品開発、広報、店舗運営などそれぞれの部署ごとに仕事内容をわけていましたが、いまは立候補制を導入。店舗業務をベースに、広報や採用など自分が興味のある他の仕事もできるようなキャリア制度が用意できるようになったそうです。

テイル様はさらにIT導入費を3億円以上、教育研修費を1億5000万円以上使うなど、経営基盤に思い切った投資を行い、大きな成長に向って走り続けています。

今期より採用コンセプトは「Only Oneの働きやすさ」にブラッシュアップし、「スタッフファースト」の
考えのもと、独自の働きやすさを追求しています。

■テイル様 採用ホームページ https://kinta.co.jp/recruit/

Back To Top

↑